ABOUT

ブルーダルジャン農園では、野生種の真正ラベンダーを無農薬栽培します。

手付かずの大自然が残る環境で、野生生物との調和を実践しています。

土壌開拓と野生ラベンダーの採種を行います。

2003年当時、およそ30年前に農耕放棄されたアルジャン村のラベンダー農園には、多くの雑草や樹木が侵入していたため、木を伐採し、元どおりの農地へ戻す必要がありました。

当農園のラベンダーは、草原に播種された健康な真正ラベンダーの種子からの採取に由来します。 これは病気や害虫のリスクを軽減し、1年後の発芽を促進します。

苗の植え付けと土壌管理を行います。

農地では3つの作業が行われます。トラクターで畑を耕すこと、苗を植え付けること、植えた苗を確認すること。(確認作業では土を固めて、苗を真っ直ぐにします)

南仏のラベンダー畑でよく見られる畝が揃っている光景を作ります。これはトラクターが入るために作られます。

鍬や鋤などを用いて畝の間を人間の手で整え、羊たちが雑草を食べて除草します。

収穫

村人総出でラベンダーの刈り取りを行います。

満開直前の最も香りの良い時期にトラクターによって一斉に行われます。無農薬栽培を行っているため多くの雑草が混ざりますが、刈り取られた花は、多くの人の力で雑草と選別されます。その後ダンプカーの荷台に乗せられて蒸留所の隣の広場まで運ばれます。

毎日、6トンものラベンダーの花束を運びます。

48時間以上の天日干しを行い、水分を蒸発させて香りを凝縮させます。

広大な敷地で2日〜3日間の天日干しを行います。自然な環境で乾燥させることで、ラベンダーの芳香成分が濃縮し、純度の高い精油となります。

収穫したてのラベンダーとは違い、茶色のパリパリのラベンダーになります。

電気もガスも石油も使わない、伝統的な水蒸気蒸留法で通常の5倍の時間をかけて丁寧に蒸留します。

最も伝統的な水蒸気蒸留法によってラベンダー精油を抽出します。釜にラベンダーを詰める時には人間の重量で圧縮します。蒸留に用いる水はもちろんヴェルドン山からの伏流水。なお、標高1400m地点にある蒸留所では、わずかに沸点が下がり自然な減圧蒸留となっているようです。

燃料には藁と蒸留後のラベンダーの穂を用いるため、古典的なシステムですが廃棄ゼロを実現します。