ブルーダルジャン農園について

ブルーダルジャン農園について

南仏プロヴァンス地方のヴェルドン自然公園に位置し、標高1400mの山岳地帯にあるアルジャン村は、中世より継承されたラベンダー文化があります。

ブルーダルジャン農園の設立者

ヴェロニク・ペルツァー

パリ出身。大学で生物学を学び、世界140カ国で事業を展開する大企業の管理職までなるが、当時の女性キャリアの限界を感じ、2003年にパリからアルジャン村に生まれたばかりの赤ちゃんとともに移住。トレッキングでアルジャン村を訪れた時に見た、放置されたラベンダー畑を復活させることに使命を感じての決断でした。

当時、栽培している農家が少なかった伝統的な真正ラベンダーを野生の種から育て、畑を耕し、自ら蒸留所の建設をしました。2005年には大学で学んだ生物学の経験を生かして、100%天然成分で植物にこだわったスキンケアブランドを立ち上げて、「ブルーダルジャン」のブランドを確立させました。

 

畑を耕しながら、農業における上級技術者免状(BTS)やアロマテラピーの資格も取得しました。さらに高品質な製品作りに取り組んでいます。ブルーダルジャン製品に対するあなたの信頼こそ、ブルーダルジャンの原動力です。

私たちの「ラベンダー文化とプロヴァンスの自然環境を保護する」活動にご支援いただきありがとうございます。

20ヘクタールの農園には、昆虫・ミツバチなどの野生生物のほか、4頭の馬が放し飼いされ、年に2回は数千頭の羊が移動してきます。自然豊かな村内は、人間とさまざまな生物の共生があります。

真正ラベンダーとミツバチ

ラベンダー農園の特徴

車さえ通らない環境保護されたアルジャン村に残る、手付かずの大自然と希少な野生ラベンダー。

南フランスのオート=プロヴァンス県にあるアルジャン村という人口8人のとても小さな村に位置しています。車も通らず人里離れた村は、中世から続く環境が残されており、山岳地帯には野生ラベンダーが今なお残っています。ブルーダルジャンのラベンダーは全て野生種から栽培したものです。

標高1,400mの寒暖差による厳しい気候こそが、最上級のラベンダーの香りを生み出します。

約20ヘクタールのラベンダー農園は標高1,400mの山岳地帯に位置していて、年間を通して寒暖差の激しい気候が特徴です。真夏でも朝は8度しかないので早朝には長袖セーターが必須です。一方で日中には35度にもなります。空気の澄んだ環境と寒暖差が極上の香りを生み出します。

自社蒸留所での伝統的な製法によって、水道も電気も用いない持続可能な製品づくりを実践します。

中世から続く伝統的な水蒸気蒸留法を取り入れ、およそ100年前の蒸留器を用いてラベンダー精油を製造します。燃料は藁、水は湧き水という天然資源を利用し、エコロジーな製法を実践。

中世さながら、より自然で繊細な香りをお届けします。

農園内はすべて無農薬栽培。野生種ラベンダーを保護し、プロヴァンス地方の宝物を継承する。

アルジャン村のラベンダーはもちろん無農薬栽培。大自然を保護する活動は、自然に負荷をかけないことが大前提。雑草の除草は羊たちが食べてくれます。そして、畑には多くの昆虫たちの姿。ふかふかの土と、ミツバチや野生動物が何よりの証拠です。