《フランス観光》エクス=アン=プロヴァンスのお洒落街巡り -移動編-

Share on facebook
Facebook
Share on linkedin
LinkedIn
Share on twitter
Twitter

CONTENT

南フランスを電車移動する

いよいよ日本帰国後の仕事が片付いて、ひと段落しましたので、ブログ再開です。

しばらく当サイトもいろんな仕様変更がありまして、ショッピングサイトも統合したりだとか、テーマを変更したりと、ようやくリフォームが終わりました。

さて、時間が経ち過ぎてしまいましたが、夏にフランス出張をして参りましたので、その1ヶ月半の出来事を振り返りたいと思います。頑張って時系列順に書きたいと考えているのですが、多分途中で諦めます(笑)

上の写真は7月26日、いよいよ到着地ニースから古都エクサンプロヴァンスまで移動するという旅立ちの図。

1年半ぶりのフランス出張だったので、旅の感覚がすっかり抜け落ちていて、あちこちをキョロキョロ。ニースに来るのは初めてなので、かなりソワソワしました。この感覚が堪らなくって、また旅に出たくなるんです。

それで、駅に入って一番びっくりしたのが、自動改札があること。

いつからフランスにも自動改札が出来たのでしょうか。めでたい事だと思うのですが、ほとんどの人が係員に尋ねていて、あんまり機能していない模様。他の駅ではあまりにも機能しなくて、常に開放してありました。

実は自動改札になった事で、とある恩恵を授かる事が出来ました。

フランス国鉄の専用アプリ「Oui SNCF」で、格安Eチケットが手に入ったこと。これは、旅の最後まで本当に役に立ち、1等車であろうとも割引率がとても高かったので、旅人には嬉しい恩恵でした。使い方は、後述します。

という事で、スカスカの車内。

途中の駅から超激混みになりますが、座れただけでもありがたいこと。

エクサンプロヴァンスまで行くためには、マルセイユ駅で乗り換えが必要です。

半日以上かかる道のりは、なかなかの骨折りです。が、「Oui SNCF」のアプリが優秀で(笑)、乗り換え時間になると、ちゃんとアプリ内にホーム番号まで表示される優れもの。電光掲示板と比べても、ほとんどリアルタイムでした。

マルセイユ駅で乗り換えたのはTGV LYRIAという高速鉄道。

こちらは1等車なのですが、わずか1駅分15分間の移動という事で、2等車とほぼ同じ価格でした。

ちなみに、このTGVはスイスのジュネーブ行きとなります。仮に寝過ごしてしまったらどうなるのだろうと想像してみると、なかなか楽しい事になりそうです。

南フランスをバス移動する

エクサンプロヴァンスTGV駅に到着です。わずか15分だけなので、なんとも落ち着かない1等車での移動でしたが、これもまた良し。そして、TGVの駅でありがちなのですが、街の中心地からは少し離れているので、今度はバス移動です。

ついに、エクサンプロヴァンスに到着です。

割と小さな街なのですが、ここを発着する長距離バスがたくさんあるそうで、プロヴァンス地方の観光拠点として便利な街とのこと。ちなみに、プロヴァンスは観光名所が田舎に多く、電車が通っていないところもあるため、バス移動も結構便利です。

地方都市とはいえ、昔は都として栄えただけあってオシャレ感満載の建物が並んでいます。

どうやら再開発 (?) が進んでいるらしい。フランス人は、古いものを残しつつ新しいものを融合させていくのが本当に上手いとつくづく思う。きちんと旧市街の古い文化も保全しながら受け継いでいく。そして、新しく便利なものも取り入れていく。日本の観光資源のハード面は、つくづく勿体無いなあとフランスに来るといつも感じます。

その代わり、フランスで生活すると本当に不便なのですが。。。その不便さを楽しめる心意気も含めて見習いたいと思う今日この頃。

次は、エクサンプロヴァンスの町並みをご紹介〜!

こんなとき、こんな方におすすめ