「ラベンダーオイル」と「最高級の真正ラベンダー精油」の違いを解説します!

Share on facebook
Facebook
Share on linkedin
LinkedIn
Share on twitter
Twitter

CONTENT

ラベンダー精油、どんな基準で選んだら良い?

はじめまして!ブルーダルジャン・ジャポンのブログへお越しいただきありがとうございます!

南仏プロヴァンスのラベンダー屋さんを日本で立ち上げて、はや5年が経とうとしているこの頃。今回は「ラベンダー精油の品質」についてご紹介しようと思います。

巷では、人工香料や格安ラベンダーが堂々とアロマとして出回り、アロマ業界でも玉石混交が問題になりつつあります。私としては、少しでも香りのことやラベンダーという植物のことに興味を持って頂き、そしてラベンダーの香りを選ぶ際のほんの少しの参考にして頂ければと思い、今回の記事を制作しました。

と言うわけで、初心者からアロマ関係者まで様々な方に読んでいただけるような記事にしたいと思います。どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

1. ラベンダーの品種「真正ラベンダー」に注目!

皆さんは、ラベンダーにたくさんの品種があることをご存知ですか?

一言にラベンダーといえども、バラやぶどうと同じ植物ですので色々な品種があります。香りのする花や香りのしない花、紫色にピンク色…ラベンダーには40種類以上の品種があると言われ、ここでは、原産地の南フランスで代表的な3種類の品種をご紹介します。

真正ラベンダーとラバンディン
スパイクラベンダー / ラバンディン / 真正ラベンダー

1. 真正ラベンダーとは

学名 Lavandula officinalis / L. vera, / L. angustifolia
(ラヴァンデュラ・オフィシナリス/アングスティフォリア/ヴェラ)

小難しい学名ですが、この表記されている場合がほとんどです。高級香水、高級化粧品、アロマテラピーの重要な部分に使われます。[officinalis]とは「薬用の」という意味。もともと、薬草として用いられたことに由来します。[vera]とは「真の/本当の」という意味。[angustifolia]とは「細い葉」という意味。

原産地はフランスアルプスなどの地中海沿岸地域、海抜800mから1800mの高地です。野生種から育てるラベンダーの花は色とりどりで、白、ピンク、紫、青などの花が同じ一株の植物に咲くことがあります。これが高品質である何よりの証だとされます。

古代から何世紀にもわたって使用されてきた品種。優れた薬効と「バランスの良さ」が特徴で、世界で最も高く評価されているハーブのひとつです。特に高級化粧品や香水、上質なスパのリラクゼーションに用いられます。

2. スパイクラベンダーとは

学名 Lavandula latifolia / L. spica
(ラバンデュラ・ラティフォリア / スピカ)

【latifolia】は「広い葉」、【spica】は「穂状花」という意味です。灰色がかった花を咲かせ、石鹸や安価な合成洗剤などに使われます。生育地はスペイン、フランス、ユーゴスラビアなどの海抜200mから海抜500mほどの低い土地。カンファーという刺激成分が強いため、芳香療法家は気管の病気に対して使われます。

3. ラバンディンとは

学名:Lavandula intermedia / L. hybrida
(ラバンデュラ・インテルメディア / ハイブリカ)
通称:ラバンディン / ラバンジン

交雑種であり、最も一般的に栽培される品種です。一般的な紫色のラベンダー畑は、実はラバンジン(ラバンディン)という品種が多いようです。少し灰色がかった紫の花を咲かせます。栽培しやすく収油率が非常に高いため、工業用や香水製造などに広く一般的に使われています。生育地はフランスをはじめ世界各地の海抜200mから海抜800mの土地。

この品種は海抜500mあたりで「真正ラベンダー」と「スパイクラベンダー」との両種が野生しているところで昆虫が自然に受粉を媒介したことで生まれたものです。この種の交雑種ではよく見られることですが、ラバンジンは不稔【次世代となる種子がつくれないこと】です。

よって、現在では差し木などによる増殖によってクローン栽培されています。

一般的に最も高品質とされるのは「真正ラベンダー」という品種です。ラベンダーの故郷でもある南仏プロヴァンス地方が原産地で、現在ではブルガリアやオーストラリアでも栽培されています。

また、薬草の中で唯一、フランス政府の品質認証があるのも「真正ラベンダー」のみです。別名「Bleu d’Or – 青い黄金」とも言い、収量が少なく大変希少な品種とされます。最も華やかな香りで知られており、リラクゼーションや安眠に最適な香りとなります。

一方で、何の表記もない「ラベンダーオイル」は、交雑種「ラバンジン」などを含む工業用香料が含まれている可能性があります。そして、人工香料が含まれている可能性も指摘されています。お手元のボトルの表記をご覧ください。

2. 「精油 / エッセンシャルオイル」を選ぶ。

「ラベンダーオイル」と言う名称が頻繁に使われるようですが、実は精油のことを指す場合にはあまり用いません。「オイル = 油脂」という意味で考えると、ラベンダー精油を植物オイルで希釈したアロマオイルと捉えられ、混乱の原因となります。

そのため、アロマテラピーに使われるラベンダーは、一般的な商品名に「ラベンダー精油」と書かれています。精油は植物に含まれる芳香成分となる揮発性の油(植物の分泌物)を抽出したもので、英語でエッセンシャルオイルと言います。

100%純粋でないアロマオイル・ラベンダーオイルを購入する方は、配合成分に注意ください。また、純粋で天然のラベンダー精油をお探しの方は、「精油」の表記をチェックしてみてください!

3. 百均から6,000円超まである、ラベンダー精油の値段

「ラベンダー精油 10mlの相場はいくらでしょう?」と聞かれるとアロマ関係者でも迷ってしまうかも知れません。

実際に、アロマ専門店はもとより、100円ショップや雑貨屋さん、お洒落なセレクトショップ、一流ブランドまで様々な場所で販売されているラベンダー精油は、どれが良いのかわからなくなるほど広い価格帯で販売されています。まるで500円のコンビニワインから一本数百万円まで存在するワインのようだと思います。

筆者はフランスのワイン産地ボルドーに留学していたこともあり、この仕事を始めてからワインとアロマって似てるよなぁ〜と思うことがよくあります。その一つが価格について。ワインと性質は似ていて、高価になればなるほど嗜好品としての性質が大きくなり、より趣味性が増します。しかし、工業製品ではなく農産物として考えた場合には、ある程度の条件が必要なようです。

低価格帯のラベンダー精油は、「偽和」にご注意を

価格帯:価格不明〜1,000円未満/10ml

解説:ほとんどのラベルには「ラベンダーオイル」とだけしか書かれていません。どの産地か、内容物の詳細な情報などは一切排除されていて、もはや天然の植物かどうかさえ知ることができません。近年では「偽和」の問題が深刻化しています。

ラベンダーの市場価格の高騰に伴って、出元不明の本物のラベンダーオイルに合成成分を混ぜた「偽物 = 偽和」が出回っていることが指摘されています。ワイン専門店に500円ワインがないのと同様、アロマ専門店でも扱いません。

それでは、ラベンダーの香りで頭痛がしても文句は言えません。また、南仏プロヴァンス産と書かれていて、圧倒的に価格の安い精油にはご注意ください。

中価格帯のラベンダー精油は、一般的な香り

価格帯:1,500円〜2,500円/10ml

解説アロマショップに行くと原産地表記で「EU産」などある程度の範囲を限定することができます。あるいは、「100%ナチュラル」「精油」という表記が見られるようになります。1,500円あたりで「ラバンジン系品種」が、2,000円あたりからブルガリア産、オーストラリア産ラベンダーなどが見受けられます。

一般的に、雑貨店などで販売されているものはこの価格帯が多いようです。

高価格帯のラベンダー精油は、香りにこだわる人に。

価格帯:2,500円〜4,000円/10ml

解説:「真正ラベンダー」が多くなります。まれに「ラベンダー・メイレット」という品種もあります。「ラベンダー・メイレット」とは、真正ラベンダーのクローン栽培種で大規模生産が可能なものです。南仏プロヴァンス産のラベンダー精油は、3,000円あたりから見られます。

ラベンダー精油は、栽培方法などの手間のかけ方、栽培地、蒸留方法、流通業者などによって価格が大きく変動する製品でもあります。この辺りの価格帯になると、栽培地や蒸留部位、蒸留方法などの詳細な情報を入手することができるようになり、いよいよ農産物らしさを感じることができます。

最高価格帯のラベンダー精油は、本場のプロ御用達。

価格帯:4,000円〜 / 10ml

解説:一般的には「南仏プロヴァンス地方の野生ラベンダー」もしくは「オート=プロヴァンス産A.O.P.真正ラベンダー」と書かれたものが該当します。稀に、有名ブランドや日本産精油の一部が該当することも。

最高品質のラベンダー精油は、ほとんどが収穫地名(標高)、栽培者名、栽培方法などを具体的に表記してあります。野生ラベンダーは1株当たりの収油率が極めて低く、商業的な効率は劣ります。しかし、香りの華やかさや繊細さが格段に違い、最もラグジュアリーな香りとして知られており、標高が高ければ高いほど華やかな香りになります。

この価格帯は香りに対してストイックな方向け。例えていえば、「農家直送・無農薬栽培のブランド米」のようなもの。お米でいえば星付きレストランでも使われるほどのクオリティでしょうか。最上グレードの香りとして高級スパやアロマサロンなどで使用されるほか、フランスの高級香水メーカーや化粧品ブランドが使用します。

※ただし、高ければ良いという訳ではありません。あくまで、出自や特徴、そして香りの品質で適正な価格が保たれているということの説明を加えさせて頂きます。

4. 最高級のラベンダーは、南フランスの魂の香り

フランスの格付けワインに匹敵するほど高価なラベンダーは、一体どれほどスゴイのでしょうか。天然香料の中でも真正ラベンダーは、「ハーブの女王」としてアロマでは最もスタンダードな香りとして人気があります。

南仏プロヴァンス地方の真正ラベンダー精油の香りが最高のものとされるのは、単に発祥の地という理由だけではありません。2000年間の歴史で培われた栽培・蒸留技術、ラベンダー栽培に適した土壌と気候、南仏プロヴァンス地方の空気が生み出す人々の陽気さと栽培にかける情熱。その全てが凝縮された香りです。

これを南仏プロヴァンスの作家ジャン・ジオノはこう表現しました。

そんなプロヴァンス地方で生まれる最高級のラベンダーの香りは、刺激的な香り成分が少ないので、鼻にツンとした香りがしないのが特徴です。また、残り香も印象的で、時間が経つにつれてより一層華やかで甘みのある香りに変わってきます。ラベンダーをほのかに薫らせることで、精神の緊張をほぐし、疲労を回復させます。

最高級のラベンダー精油は、市場に出回っているわずか2%未満。世界中のアロマファンが南仏プロヴァンス地方を訪れる理由が分かります。

南仏プロヴァンス ブルーダルジャン農園

まとめ:初心者こそ、最高の品質から。

色々と好き勝手に書いてみましたが、結局、万人に好かれる香りというのはこの世になかなか存在しないと、私は考えています。ゆえに、最大公約数的な考え方をするのであれば、やはり「最も品質の良い」香りを試してみるのが、最短距離で「好みの香り」を見つける方法だと思っています。

今回は「香りの品質」という部分にフォーカスを当てて、精油の選び方について書いてみました。最後に、ラベンダー精油の選び方についてまとめてみたいと思います。

精油の選び方のまとめ

最後に、当ブログを運営している弊社「ブルーダルジャン農園」について。

真正ラベンダー精油が農作物であるという点は、私たちが最も伝えたいことの一つです。

日本では、まだまだアロマセラピーの分野は発展段階にあり、フランスのように薬局や栽培農家に行けば、質の良い精油(エッセンシャルオイル)が揃っているという状態ではありません。しかし近年では、日本においても「ラベル」を見れば、信頼できる精油を見つけることができるようになってきました。それは、確実にプロの技術に応えるものであり、初心者から安心して活用できることを意味するものです。

私たちブルーダルジャン農園の真正ラベンダー精油は、品質はもちろん、生産者の物語、土地の歴史、流通経路全てにこだわりたい方へオススメの精油をつくっています。生産年・ロットごとの空輸での直輸入だから実現した、まるで南フランスに旅しているかのようなフレッシュな香りをお楽しみいただけます。

プロフィール

金子竜得 / ブルーダルジャン・ジャポン代表

あっさんぷらーじゅ合同会社 社長
1992年生まれ・石川県出身 / フランス・ボルドー留学を機に出逢ったラベンダー農家「ブルーダルジャン」と意気投合し、輸入を決意する。日本販売元として起業し、「ラベンダー農家」と南フランス文化を伝える。 アート・旅行・オーディオ・カメラが趣味。

このサイトで発信していること

ラベンダーを中心にした南フランス文化 | フランスのもの・コト | フランスでの出来事

カテゴリ

タグ

アーカイブ

月別の記事