Lavender Wedding

南フランス、原種ラベンダー畑でウェディングフォトセッション!

奥プロヴァンス地方、人口8人の秘境でウェディング

2018年8月、アルジャン村の開村600余年で史上初めて日本人の新郎新婦が村で唯一の教会にやって来ました!ラベンダーで栄えたアルジャン村の教会は、16世紀までは別の場所にありましたが、18世紀に移転したものが現存しています。

今回、日本からお越しのご夫妻は、ご主人がドローン撮影のカメラマンをされていて、史上初となるアルジャン村のラベンダー畑のドローン撮影にご協力して頂くというご縁がありました。

そこで、新婚の奥様とお二人で翌月に控える披露宴のためのウェディングフォトも一緒に撮影したいという話になり、遠路はるばる丸2日間かけて日本からお越しいただきました。

アルジャン村の教会は、通常非公開の教会です。内部にはマル秘のお宝があり、村の長老が教会の鍵を厳重に保管していらしゃいます。今回、なんとブルーダルジャン社のオーナーご夫妻の結婚式以来、16年ぶりの教会内部の公開となりました。

ドローン撮影の直前に撮影したウェディングフォト。実は、前日まで大雨だったのですが、当日は奇跡的な快晴に恵まれました!

プロヴァンス地方の最も小さな村のラベンダー畑、気持ち良いパワフルな太陽、中世から手付かずの村の美しい景色と、まるでモデルさんのように美しいご夫妻の素敵なフォトセッションに仕上がりました。

一般的な一面に広がるラベンダー畑とは違う、アルジャン村に咲く本物の原種ラベンダーならではの素朴な美しさはフランス随一。雑草もたくさん生い茂っていますが、それはご愛嬌…(笑)

そして、奥様が起業されたばかりというウエディングジュエリー会社「Radiance Jewerly」の、NYで直接買い付けたというジュエリーもお見逃しなく。

Photo by Ryutoku Kaneko

Special Thanks

ジュエリー:Radiance Jewerly

Special Thanks for Veronique Blanc

©️ AssemPlage LLC 2018