Lavender Wedding

南仏プロヴァンス地方、本物のラベンダー畑でウェディングフォトセッション!

南フランス・奥プロヴァンス地方、
ラベンダー畑と村の教会でウェディングフォトをしてみた!

2018年8月、アルジャン村の開村600余年で史上初めて日本人の新郎新婦が村で唯一の教会にやって来ました!ラベンダーで栄えたアルジャン村の教会は、16世紀までは別の場所にありましたが、18世紀に移転したものが現存しています。

 

今回、日本からお越しのご夫妻は、ご主人がドローン撮影のカメラマンをされていて、史上初となるアルジャン村のラベンダー畑のドローン撮影にご協力して頂くというご縁がありました。

そこで、新婚の奥様とお二人で翌月に控える披露宴のためのウェディングフォトも一緒に撮影したいという話になり、遠路はるばる丸2日間かけて日本からお越しいただきました。

 

アルジャン村の教会は、通常非公開の教会です。内部にはマル秘のお宝があり、村の長老が教会の鍵を厳重に保管していらしゃいます。今回、なんとブルーダルジャン社のオーナーご夫妻の結婚式以来、16年ぶりの教会内部の公開となりました。

ドローン撮影の直前に撮影したウェディングフォト。実は、前日まで大雨だったのですが、当日は奇跡的な快晴に恵まれました!

プロヴァンス地方の最も小さな村のラベンダー畑、気持ち良いパワフルな太陽、中世から手付かずの村の美しい景色と、まるでモデルさんのように美しいご夫妻の素敵なフォトセッションに仕上がりました。

一般的な一面に広がるラベンダー畑とは違う、アルジャン村に咲く本物の野生タネから育つ真正ラベンダーならではの素朴な美しさはフランス随一。雑草もたくさん生い茂っていますが、それはご愛嬌…(笑)

 

そして、奥様が起業されたばかりというウエディングジュエリー会社「Radiance Jewerly」の、NYで直接買い付けたというジュエリーもお見逃しなく。

 

Photo by Ryutoku Kaneko

プロヴァンスの青い空と純白のドレスのコントラスト。伝統の土壁が空気を柔和なものにしてくれます。南フランスの田舎にある本物の教会で撮影できるなんて…羨ましいですよね(笑)

このショットは、新婦様の買い付けたジュエリーにピントを合わせて撮影してみました。太陽が眩し過ぎて大変そうでしたが(笑)、バッチリ決まりました!

教会の横の路地でパシャリ。近所の犬が物珍しそうにお出迎えをしてくれました。そして、村人もなんだかソワソワした雰囲気のウェディングフォト撮影会です。

自然な撮影をするというのは本当に難しい。瞬間を切り取る中に、この村にやって来るまでの様々なストーリーを詰め込もうと無意識が働く。

きっと、この村は全てを受け入れてくれる。村人たちも、そんな人たちなんです。

背景に見えるのはアルジャン村の新築別荘地。一番左の緑の窓が見るのがラベンダー農園のオーナー宅。ここは、ラベンダーの桃源郷。標高1,400m、人口8人の桃源郷。

フランスでもまだ誰も知らない村。だから、ラベンダーにとっては楽園になる。ここは真正ラベンダーの故郷です。

事前に考えてきてもらったポージングでやってみよう!ということで、打ち合わせ通りの撮影を。流石に畑の中はハイヒールじゃ歩けないよねぇ…(笑)

今年のラベンダーは薄めの紫が多いようです。その年毎の日照時間や気温によって花の色が変化するのは原種の真正ラベンダーだから。そして、それぞれの花の色も微妙に違います。

いいですよねえ。。。

優雅なプロヴァンスの昼下がりでした。

ラベンダーの園で二人は。。。

何かの映画の撮影とかでしょうか??きっと、そうでしょう?

村とラベンダーの全景。村の方からもこの畑が見えるのですが、これがまた絶景です。朝8時の日の出とともに照らされる畑を見るのは、この世の至福かと思いました。

ラベンダーは「ハーブの女王」とも「香りの女王」とも言います。きっと女王に謁見したなら、この先の幸せを保証してくれるでしょう。。。そうでしょう?

村には沢山の畑があります。全部で53区画。全て回りきるのは無理です。今回の撮影では一番大きな畑へ連れて行ってくれました。いよいよ撮影も佳境に入ってきました。

観光案内などでよく見るラベンダーとは違って、薄い紫。しかも雑草が生い茂る畑。この農園は、全て無農薬で栽培してあります。フランスでは浸透しつつある無農薬栽培。ブルーダルジャンでは創業以来続けています。

撮影では虫たちが飛び交って、ドレスにはバッタやコオロギなんかが沢山くっついて大変でした。まあ、自然の醍醐味なんでしょうかね。

ウェディングドレスを手にして一枚。

今更ながら、モデルさんのご経験とかあります?なんて聞いたのですが、撮られるのは初めてだそう。新郎新婦の素敵なお姿に助けられて撮影がうまく進みました!美男美女のカップルはラベンダー畑に映えます。。。

下界と村を繋ぐ一本の道。

ここを通らねば村へ行くことはできません。一本しかない道。行き止まりの村。

まさしく最果ての地に相応しい場所。


そして、ラストショットは私個人のお気に入りの一枚。

撮影後記

 

私自身、人物に照準を合わせた写真を撮るのは今回が初めてのことでした。光もプロヴァンスの強い太陽光の一本だけ。普段スナップ写真や旅行写真しか撮影しない者にとっては不安以外の何物でもありません。しかし、今回は、良き人物と当日の晴天に恵まれて、一生に一度である機会を最大限にフィルムに収めることができました。私自身が今回はラベンダー農園に住み込みで収穫を行うという、これもまた初めての機会でしたので、村人たちとの関係や農園に迷惑にならないように…などと気を配ったりしていたのですが、心配に及ばず。大歓迎ムードの村人たちは快く教会を解放してくださり、また、農園も隅から隅まで案内してくれました。

初めての経験がこんなに重なると、もはや何が何だか訳もわからずに進んでいましたが、実は前日まで体調が絶不調。それまで2週間のフランス出張の疲労が出て欲しくない時に限って突如現れるものです。現地の解熱剤アスピリンを大量に飲んで、なんとか当日には回復しましたが、あんまりアスピリンの連続摂取は宜しくないんだと思います(笑)

無事に回復して、日本から遠路遥々お越し下さった皆様にラベンダー農園をご案内し、そして撮影を無事執り行うことができたのは一安心。様々な方に支えられ、このプロヴァンスの奥地に佇むラベンダー農園と日本との関係がより濃密になっていることを感謝しております。

次回はどんな企画になりますやら(笑)

南フランス・プロヴァンス地方のラベンダー畑でこんな事したい!という方、募集中ですのでいつでも気軽にお声掛けください。
ただし、アルジャン村に行くのは気軽には出来ないかも..です(笑)

撮影:ブルーダルジャン日本販売元
あっさんぷらーじゅ合同会社
 代表 金子竜得

Special Thanks

ジュエリー:Radiance Jewerly
(今回協力してくださった新婦様がニューヨークで仕入れるこだわりのレンタルウェディングジュエリー会社です。)

Special Thanks for Veronique Blanc

©️ AssemPlage LLC 2018 複写・転写禁止 / リンクの際にはご連絡ください。

アルジャン12-1

CONCEPT

原種の種を復活させたブルーダルジャン農園のブランドコンセプト

veronique Bleu d'Argens © Didier Houeix

STORY

パリから移住した情熱あるオーナーの物語

アルジャン15-1

PRODUCT

アロマテラピーと薬草学が融合した天然コスメ

DSC_0063

BLOG

輸入元あっさんぷらーじゅの日記

IMG_3289

ONLINE SHOP

公式オンラインショップ

CONTACT

お問い合わせ

Scroll to Top