ENVIE DE PROVENCE

Traveling Provence and lifestyle blog since 2016

【2019年版】日本で取得できるアロマテラピーの資格まとめ

はじめに

ブルーダルジャン公式ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回は初めての試みとして、日本で取得できるアロマテラピーの資格をまとめてみたいと思います。フランスではアロマテラピーは国家資格となっていて、取得するためには大学に3年間通う必要があります。しかし、日本では民間資格しか存在しないため、医療行為ではないものとして幅広く普及しています。

実は、この記事を書くキッカケがありました。最近、様々なアロマテラピストさんに弊社ラベンダー精油を愛用していただいており大変感激しているのですが、なんせどの組織・協会がどの資格なのかピンとこない…ということがしばしばありました。(みなさん、すみません…)

特にアロマテラピーの資格は略称で書かれることが多くて、なかなか覚えられませんでした。そこで今回、自分のための備忘録としてアロマテラピーの様々な協会・組織・資格・略称を網羅すべく、まとめることにしました。これからアロマの資格の取得を目指される方、アロマのお仕事をされている方のお役に立てましたら幸いです。

アロマテラピストの資格まとめ

最近では、職業としてではなく趣味の一環としてアロマの資格を取得される方が増えているようです。アロマが国家資格のフランスでは考えられないような事態が日本では起こっておりまして(笑)、そして資格取得は学生時代に取ったフランス語検定くらいという資格に無縁の私にとっては、やはりスゴイとしか言いようがありません。もちろん、職業上必要な方は取得した方が良いと思います。

設立年でみてみますと、やはりイギリスの国家資格が最も古く、日本では90年代以降に雨後の筍のごとく協会が設立されています。また、日本の特徴として、ほとんどの協会の母体組織はアロマメーカーであることが多く、教材として自社のアロマ製品を勧めることもあるそうです。例えば、日本で最も大きな組織「日本アロマ環境協会」の母体は、「生活の木」というアロマメーカーですね。弊社のような極小ラベンダー農家ではそんな組織は作れません(笑)

資格をみると、大きく分けて「アロマ」と「メディカルアロマ」に分けられます。一般的には、アロマセラピーはイギリス式、メディカルアロマ・アロマテラピーはフランス式とも言われます。イギリスのアロマは、もともと美容や癒しの観点から発展し、日本などのアジアでも普及しました。フランスのアロマは、それに遅れて代替医療・学問の観点から発展し、日本へやってきた経緯があります。イギリスとフランス…ここでも犬猿の仲なのでしょうか(笑)

協会・組織 略称 設立年 資格
日本アロマ環境協会 AEAJ 2005年 アロマテラピー検定
アロマテラピーアドバイザー
アロマテラピスト
日本アロマコーディネーター協会 JAA 1995年 アロマコーディネーター
ナード・アロマテラピー協会 NARD 1998年 アロマアドバイザー
アロマインストラクター アロマセラピスト
国際アロマセラピスト連盟(英) IFA 1985年 国家資格アロマセラピーディプロマ
精油セラピー
国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟(英) IFPA 2002年 アロマセラピー・ディプロマ
International Therapy Examination Council Limited(英) ITEC 1947年 国家資格アロマテラピスト
日本統合医学協会 2000年 メディカルアロマ検定
日本ハーバルアロマセラピスト協会 2000年 アロマテラピー
日本メディカルハーブ協会 JAMHA 2006年 ハーバルセラピスト
日本メディカルアロマテラピー協会 JMAA 1990年 アドバイザー
スペシャリスト
日本フィトセラピー協会 2006年 フィトセラピスト
日本アロマ蒸留協会 ATR 2016年 キッチン蒸留
パリ・フィトアロマ協会 IPAP 2017年 フランス・アロマテラピー
日仏フィト・アロマテラピー協会 JFAA 2001年 メディカルアロマテラピー

順不同・敬称略

上記リストには、日本で取得できるベーシックな資格を中心に、日本でも人気なイギリスの国家資格・国際資格も掲載しました。

このほかにも調べてみるとかなりの数(およそ40件)の資格が日本のアロマ業界にはあるようです。洋の東西を問わず、芳香植物の使い方というのは、歴史上医療とは切っても切り離せない関係でもあります。しかし、現在の日本では、精油自体は雑貨扱いとなっており、アロマテラピー自体も医療行為ではないとされています。アロマテラピーという言葉が南フランスで誕生しておよそ100年とまだまだ歴史が浅いところではありますが、今後日本ではどのように発展していくのでしょうか。

なお、フランスではアロマテラピーは民間療法として、女子高生から田舎のおばあちゃん達まで誰もが楽しめるツールとして親しまれています。最近、フランス・パリのアロマショップに行ったら、女子高生がたくさん列をなしているのをみて驚きました。

資格云々も良いですが、まずは純粋に香りを楽しめる心でありたいものです。

そのほかのアロマ関連組織まとめ

インターメディアリー・クリニカル・アロマテラピー協会

アロマフレグランス調律協会

日本アロマテラピー学会

日本アロマパルファンヌ協会

日本ホリスティック・アロマセラピー協会

アロマ福祉協会

国際メディカルアロマ協会

日本アロマタッチケア協会

国際アロマニスト協会

日本アロマアーチスト協会

アロマリーディング協会

アロマハンドコミュニケーター協会

インターナショナルヒーリングアロマ協会

アロマクラフト協会

ピュアアロマ協会

 

 

最後に

アロマテラピーは、学問として歴史が浅いこと、研究が発展途上であることなどから、学者・研究者によって考え方も違ったりします。実際に精油を選ぶときも、成分がどうとか、香りの分析がどうとか、いろんな考え方があるようです。

私個人としては、香りくらい好きなものを選んだらええんじゃ…と思ったりするのですが(笑)、皆さんはいかがでしょうか。
香りを売っている人間が「香りくらい」と言っても良いのでしょうか(笑) いや、フランス人はそのくらいいい加減だと思います。

農園でラベンダーを収穫している者としては、これらの資格が「香りの生産者」の方々にとって有意義なものであることを願っております。

お気軽にコメントをどうぞ↓

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »

Related Articles

《2019年まとめ》真正ラベンダー精油の最も効果的な使い方

『あなたがラベンダー精油を実践的に用いれば、生活が精神的に豊かになり、肉体的に健康になり、感情もいっそう安定します。』

《ご案内》8月29日まで夏のセール開催中!

SOLDE D’ETEフランスでは、夏のセールのことを「ソルド」と呼びます。 フランス全土で一斉に開催される夏の風物詩です!GO TO STORE 公式サイト、新しくなりました! いつもブルーダルジャンをご覧 …

《期間限定》夏のマッサージオイル・フェア 2019

《期間》6月20日〜7月31日 期間中に対象商品をお買い上げの方に、<br />ご購入金額に応じて素敵なプレゼントを差し上げます。 数量限定につき、お問い合わせフォームもしくはお電話・メールにてご注文を承りま …

Our Products

当社が運営するブルーダルジャン・ジャポンの公式サイトです。南仏プロヴァンス地方より無農薬栽培の真正ラベンダー製品を輸入しています。毎日が疲れたなあ…と感じている方、南仏プロヴァンス地方の空気感に浸ってみませんか?

Scroll to Top